渓と波止

岩魚釣りと防波堤釣り、あと、ちょこっと日常の事。

渓(ヤマ)釣り起源ー5

いわゆる『山釣り』スタイルを取り入れても尚、そこに競合相手の有る事を知った私達は更に考えました。


確かに源流近くまで遡行のみに専念する事で、一番乗りの確率は上がりましたが、やはり完全では有りません。

 

又、移動距離を稼ぐ代わりに、朝マズメ、夕マズメと言う絶好のタイミングを犠牲にしなくてはならなくなりました。


当時の装備やスキルでは、夜明け前や日没後の暗闇を移動するのは非常に危険を伴い、現実的では有りませんでした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。