渓と波止

岩魚釣りと防波堤釣り、あと、ちょこっと日常の事。

渓(ヤマ)釣り起源ー9

物事とは、とかくエスカレートしがちなものなのでしょうか。


今にして想えば、当時相当な頻度と回数で幕営釣行を重ねていました。


やがて、近場では飽きたらなくなった私達は、遠く華やかな北陸や北アの大渓谷に目を向けました。


とてもテコに合いそうもない険しく難しい渓々を攻める為、装備類の徹底的な軽量化と分担制を敷き、


ロープだの、ハーネスだの、エイト環だのと、それはもう大騒ぎです。


タイトなスケジュールを専ら遡行や泊まり場の設営に割り当て、


肝心の釣りはその合間にするという、主客転倒が常態化しました。


本来癒しの趣味である筈が、

終始ストレスの掛かるものになってしまったのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。