渓と波止

岩魚釣りと防波堤釣り、あと、ちょこっと日常の事。

渓(ヤマ)釣り起源ー2

私達が先ず考えたのは、

『不便なのが逆に良いのでは??』

と言う事でした。


車を停めて直ぐ入川出来る様なお手軽なロケーションでは、他者との競合を避けられません。


ならば、車止めから先に側道の無い川筋を遡行してから竿を出せば、後追いに追い付かれず、或いは、先を越される事も無いのではないか、と考えたのです。


時間的な障害が、釣り場と渓魚を守っている筈だ、という期待を持ったのです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。